トイレリフォームのポイント

毎日使うから、安全が一番!

みんなが出入りしやすい入口

トイレ トイレの扉は、狭い廊下から入ることを考えて、幅が狭く作られていることも多くあります。つまり、年を取った時にスムーズな出入りが難しくなる可能性があるのです。

トイレリフォームの際には、ドアの形を見直し、できれば引き戸にしましょう。ドアだけでなく、敷居などの段差は無くし、ドア前のスペースも広めに取っておきましょう。将来、人に支えられたり、車椅子で出入りをする時に動きやすくなります。

手摺りをつけましょう

トイレ 手摺りが無いと、立ち上がる時にペーパーホルダーをつかみ、いつの間にかねじが緩んだり壊れかけたりと、事故の原因に繋がります。

ペーパーホルダーでは身体を支えきれません。立ったり座ったりする時に危険のないよう、必ずトイレ用の手摺りを取り付けておきましょう。

ただし、トイレが狭い場合は、身動きするのにかえって手摺りが邪魔になることも。そんな時は、普段は折りたたんでしまっておけるタイプの手すりを取り付けておくと便利です。

お掃除のしやすさ

壁材・床材を工夫!

トイレ トイレはいつも清潔が一番です。常にきれいな状態が保てるよう、掃除がしやすい便器、建材を選んでリフォームしましょう。
汚れが溜まらないフチなし形状の便器、汚れが付きにくい便器など、お手入れのしやすい便器が各メーカーからたくさん出ていますので、比べてみましょう。
また、トイレをリフォームする際、特に注意したいのが床材です。塗装のない床板や通常のフローリング材では、すぐシミができたり変色してしまいます。

床をフローリング貼りにするなら、アンモニアや薬品に強いタイプを選びましょう。強化ウレタン仕上げのコルク材、クッションフロアシート、トイレ専用のタイルなどもオススメです。

壁材には壁紙や珪藻土などの機能性壁材を使うと、消臭や調湿機能を発揮してくれるのでトイレが快適になります。

収納は邪魔にならないように注意

トイレ トイレは意外と小物が多く、掃除用具、トイレットペーパー、衛生用品などの収納スペースが必要です。
しかし、ただでさえ狭いトイレ、不用意に収納ボックスを取り付けると、トイレを使う時や掃除のジャマになってしまうことがあります。

その小物はいつ使うのか、使用する体勢や頻度をよく考え、壁の厚みを利用した収納スペースなど、それぞれにあった収納を選び、狭くても効率のいいトイレ収納にしましょう。


リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ 0120-88-5369
まずはこちらからご覧ください さつき 尼崎 安い・早い・安心三拍子が揃った、地元密着型専門店、リフォームさつき尼崎にお任せください!
知らないと損してしまうかも!火災保険が適用されるかも?!
  • 住宅診断
  • LINE相談・見積もり